1. ホーム
  2. センター紹介

センター紹介

センターの趣旨

この度、医師の働き方改革の一環として、医師として病院で働く女性を支援するための女性医師支援センターを開設いたしました。このセンターの主な活動は、現役あるいは復職を希望する女性医師がキャリア形成を維持していきいきと医療現場で働くことができるよう、法人や病院並びに社会が提供する様々なサービスに関する情報を集約し、女性医師のサービスへのアクセスビリティを高めることです。
また、情報を集約する中で、新たなサービスを見出し、それを実現していくことができればと考えています。
現時点では「医師の働き方改革の緊急的な取組み」の一つとして女性医師支援センターを開設しますが、将来的には対象を女性医師のみならず他の女性職員にも広げ、更には、よりいきいきとした男女共同参画社会の形成に寄与したいと考えておりますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

センター発足に際して

学校法人大阪医科薬科大学
理事長 植木 實

理事長挨拶

日本の医療における女性医師の果たす役割が益々重要になる中、ライフイベントである「出産・育児・介護」のために休職・退職などを余儀なくされ、キャリアの継続が困難な状況に陥る女性医師が増加することが予想されます。本法人では、院内保育室の整備や女性医師の復職を支援するために外部機関との協働による体制作りを模索するなど、女性医師がキャリアの形成あるいは維持ができるよう様々な施策を立ててまいりました。しかし、その専門性や仕事の厳しさから、十分な対応ができていないのが現状です。
おりしも、政府主導による医師の働き方改革が強く押し進められ、その一環として「女性医師等に対する支援」が掲げられました。これを機に、本法人では女性医師支援センターを設置し、必要な情報の収集や整理及び提供を行い、個の事情に応じた勤務形態の多様化を含め、総合的に女性医師のキャリア形成を支える環境を整備することにいたしました。
将来的には、女性医師のみならず、他の女性職員、さらには男性や高齢者にも対象を拡げ、ダイバーシティ (多様な人材を活かす戦略)を推進し、本法人で働く人々が活き活きと働くことができる組織作りを行いたいと考えております。
皆様におかれましては、この度発足しました女性医師支援センターにご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

女性医師支援センター
センター長 神崎 裕美子

センター長挨拶

当センターは厚生労働省による「医師の働き方改革」の下、出産・育児・介護といったライフイベントを迎える女性医師に対してキャリア形成支援を行うことを目的に発足しました。
将来的には対象を女性医師のみならず他の女性職員にも広げるだけでなく、老若男女や障がいの有無にとらわれない、より活き活きとした男女共同参画社会の形成に貢献したいと考えています。 せっかく築いてきた医師としてのキャリアを、人生で当たり前に起きるイベントによって諦めてしまうのはとてももったいないことだと思います。どんな形であれキャリアを継続していると、ステップアップの道は開けてくるはずです。そのためにどんな選択をしていくのがいいのかを、皆さんと一緒に考えていくことも当センターの大切な役割ではないでしょうか。
まだまだ始動したばかりのプロジェクトです。ぜひいろいろなご意見を、私たちにお寄せいただければ幸いです。

メンバー紹介

女性医師支援センター構成員

構成 部署 職位 氏名
センター長 内科学Ⅲ 講師 神崎 裕美子
副センター長 眼科学 講師 喜田 照代
センター員 法人 常務理事 佐野 浩一
神経精神医学 教授 米田 博
中央検査部 講師 (准) 松村 洋子
胸部外科学 助教 神吉 佐智子
小児科学 助教 岡本 奈美
眼科学 助教 松尾 純子
人事企画研修課 課長 赤田 清澄
人事企画研修課 事務員 生田 統子

運営会議メンバー

構成 部署 職位 氏名
センター長 内科学Ⅲ 講師 神崎 裕美子
副センター長 眼科学 講師 喜田 照代
メンバー 附属病院 病院長 内山 和久 
法人 常務理事 佐野 浩一
公益財団法人 大阪公衆衛生協会 理事長 高野 正子※
神経精神医学 教授 米田 博
中央検査部 講師 (准) 松村 洋子
胸部外科学 助教 神吉 佐智子
小児科学 助教 岡本 奈美
眼科学 助教 松尾 純子
人事企画研修課 課長 赤田 清澄
会務 人事企画研修課 事務員 生田 統子

※外部アドバイザー